未分類

レビトラのジェネリックを未だ売っている通販は違法?

レビトラのジェネリック医薬品は通販サイトで販売されており、違法ではありません。
日本国内で未承認の医薬品を輸入し販売することは違法ですが、個人輸入する場合は合法です。
レビトラにはインドで製造された様々なジェネリック医薬品があります。
インド製のジェネリック医薬品にはレビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれています。
効果などもレビトラと同様ですが、価格が非常に安いため日本にも多くの利用者が存在します。

通販サイトではレビトラのジェネリック医薬品を直接的に輸入・販売しているわけではありません。
医薬品の個人輸入手続を代行しているだけなので合法です。
レビトラのジェネリック医薬品はインドの製薬会社がインド政府の承認を受けて製造していました。
現在では製造中止となっていますが、販売は中止されていないので在庫品の輸出が続いています。
在庫品がなくなれば販売も中止される予定です。
販売中止となった場合にはレビトラを使用するか、他のED治療薬を使用する必要があります。

レビトラは日本の製薬会社が開発したED治療薬です。
インドでは製法特許のみが認められ成分特許が認められていなかったことから、これまで自由にジェネリック医薬品が製造されていました。
しかし日本の製薬会社がインドで訴訟を起こしたところ、2017年1月にバルデナフィルを含む製品の製造中止が決定されています。
販売中止とはならなかったため在庫品の輸出が続いており、現在でも買える通販サイトが多数存在します。

レビトラのジェネリック医薬品は非常に安価です。コストを抑えてED治療ができるため人気があります。
インド製のジェネリック医薬品を利用してED治療を行いたい場合には、在庫品がなくなる前に買い溜めておくことが必要です。
ジェネリック医薬品を利用すれば、レビトラを利用する場合と比較してコストを約10分の1にできます。
今後は在庫品も少なくなるので、早めの購入が必要となります。

レビトラのジェネリックが今後普通に買える日は来るか

レビトラのジェネリック医薬品はインドの製薬会社が製造していました。
インド政府から承認を受けて製造されていたため安全性が高く、価格が非常に安いため人気です。
これまでは多くの通販サイトでレビトラのジェネリック医薬品を購入できました。
しかし製造が中止されたため、今後は買える通販サイトも少なくなります。
インド政府が特許を無効化するなどの措置を実施すれば再び製造されるようになりますが、可能性は小さいため在庫品がなくなれば販売も終了する予定です。

現在ではまだジェネリック医薬品の在庫が多数存在するので、しばらくは販売が続くと予想されます。
しかしいずれは在庫品がなくなり販売が終了します。
レビトラのジェネリック医薬品でED治療を継続したい場合には、早めに確保しておく必要があります。
ED治療薬は世界的に需要があるので、インド以外の国で製造されることも考えられます。
ただしインド製のジェネリック医薬品ほど安全性に優れているとは限りません。

レビトラなどのED治療薬は世界的に多くの利用者がおり、中国などでは偽物も製造されています。
しかしインド製のジェネリック医薬品は、製薬会社がインド政府から承認を受けて製造しているものです。
価格が安いだけでなく安全性が優れているため、安心してED治療ができます。
通販サイトでは様々なレビトラのインド製ジェネリック医薬品が販売されています。
価格は安いものだとレビトラの約10分の1なので、大幅にコストが下がります。

レビトラには5mgと10mg、20mgが存在しますが、病院では主に10mgと20mgを利用してED治療が行われます。
1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgは約1800円です。
さらに診察料なども必要になります。
インド製のジェネリック医薬品であれば、20mgの錠剤が1錠あたり約200円で購入できます。
まとめ買いをするとさらにコストが下がるので経済的です。
今後在庫品がなくなれば販売も終了する予定ですが、現在はまだ通販サイトで購入できます。