未分類

バイアグラの効果や副作用、併用禁忌など

様々な種類が存在するED治療薬の中でも、世界で初めて販売が開始されたバイアグラは世界シェアでも高い数値を占める人気の薬です。
勃起不全の主な原因は、勃起を抑制する酵素の働きが強いことで起こります。
バイアグラに含まれている有効成分シルデナフィルは、勃起を抑制する酵素が働かないよう阻止します。
さらに、血管を拡張することで陰茎に血流が効率よく流れるよう作用するので、力強い勃起が可能となるのが特徴です。

バイアグラの主な副作用には、顔のほてりやめまい、頭痛などがあげられます。
これらの症状は、バイアグラの効果が現れたことで全身の血行が良くなった影響です。
他にも鼻や消化管などが充血することで、鼻詰まりや消化不良、目の充血や動悸、色覚変化などが起こる可能性もあります。
一時的な副作用ですので、性行為に影響を及ぼさない程度の症状ならば深刻に考える必要はありません。

軽度な副作用はそれほど問題ではありませんが、体質によってはまれに重篤な副作用が起きる可能性もあります。
突発性難聴や狭心症に加え、バイアグラの平均持続時間を大きく超えて1日以上勃起が継続する場合などです。
症例数は多くありませんが、異常を感じた場合は早めに医療機関で診察を受ける必要があります。

バイアグラには、同時に服用してはいけない併用禁忌薬があるので注意しましょう。
薬はそれぞれが身体に良い薬であっても、併用することで生命に重大な影響を及ぼす組み合わせがあります。
バイアグラの併用禁忌薬は種類が多く、硝酸剤や一酸化窒素供与剤などです。
ED治療薬は一般的に血液の流れに作用を及ぼすことから、飲み合わせが悪いと血圧が急激に低下するリスクが考えられます。

副作用や併用禁忌薬に注意すれば、バイアグラは安全に服用でき性交渉をサポートしてくれる心強い存在です。
基本的に成人した男性のための薬で、身体的・精神的な原因によるED改善に役立ちます。
また、あくまで男性のスムーズな勃起を助けるための薬で、女性が服用する必要はありません。

バイアグラは女性が飲むとどうなる!?

バイアグラは、男性の陰茎が勃起障害を起こしている場合に、勃起のサポートを行うための男性向け治療薬です。
男性がバイアグラを服用した場合、勃起を妨げる酵素の働きを阻止すると同時に、全身の血の巡りが良くなります。
陰茎海綿体に血液が多く流れこむことで、性交に必要な硬さや強さをもった勃起が可能となる仕組みです。

バイアグラを女性が飲んだ場合、血行促進効果は男性と同様に現れます。
しかし、陰茎の芯のような役割がある陰茎海綿体は、女性の体には存在しないのです。
男性における陰茎海綿体に相当する構造と機能は、女性にとってクリトリスにあたります。
ですが、男性の海綿体と比較して面積が狭い女性のクリトリスでは、男性がバイアグラを服用した時のような劇的な変化は期待できません。

けれど、下半身の血行が良くなることで、女性器などの神経が敏感になる可能性があり、女性器が敏感になれば性的興奮度が増加します。
オーガズムに達しやすくなり、通常よりも満足できる性行為を楽しめる場合があります。
ただし、バイアグラを販売する製薬メーカーの公式見解では、女性の性感を高める作用は未確認となっているので、必ず効果が現れるわけではありません。

性別に関わらず、バイアグラを服用すれば副作用が起きる可能性があります。
血液量が多くなることで、顔のほてりやめまい、頭痛や鼻づまりなどの副作用が現れるリスクがあるのは女性も同様です。
また、併用禁忌薬も性別によって変化することはありません。
バイアグラ自体には、心臓に負担をかける作用は存在しませんが、心臓や血圧に影響を及ぼす疾患がある場合は注意が必要です。
狭心症の治療として一般的に使われる硝酸剤などは、使用禁忌約の一つとしてあげられます。