未分類

バイアグラとジェネリックのカマグラの価格比較

バイアグラは確かに良く効くが、価格が高くて困るという方は多いのではないでしょうか。
医療機関で処方を受けると、正規品のバイアグラは1錠あたり1500円~2000円ぐらいするのが普通です。
一般病院では診察費を取られることもあり、何度もリピートしていると相当な出費になってしまいます。
そこで少しでも安く利用したいなら、ジェネリックを利用するという方法があります。
ジェネリックもいろいろなメーカーから発売されていますが、なかでも有名な製品のひとつがカマグラです。

カマグラゴールドは4錠1箱で、1錠あたりにすると500円~600円程度が相場になっています。
ただし薬局では購入できず、個人輸入を利用するのが一般的です。
そのためショップによっても時期によっても販売価格は変動する可能性があり、最安値なら250円ぐらいで入手できることもあります。
なおあまりにも安すぎる場合は偽物の可能性があるので注意してください。

カマグラには有効成分が50mg配合されたものと、100mg配合されたものがあります。
成分量は倍でも、1錠あたりの価格は100円ぐらいしか違わないので、100mgを購入して割って使うのも安上がりな方法です。
またバリエーションの多さはカマグラの特徴のひとつで、錠剤以外に発泡錠やゼリーやチュアブルなどのタイプが用意されています。
いずれも価格は錠剤とほとんど変わらないので、使い勝手のよい製品を選ぶことができます。
さらにカマグラシリーズには、早漏防止薬が配合された製品もラインアップされています。

バイアグラに比較すると3分の1ほどの値段で、ほぼ同じ効果が期待できることがカマグラのメリットです。
すでに利用している方も多く、ジェネリックとしては定番商品と言えるでしょう。
副作用や飲み合わせの悪い薬もバイアグラと同じですが、特に問題なくバイアグラを使用できるなら、カマグラに乗り換えても大きなトラブルはないと考えられます。

カマグラを飲んで早漏になってしまった場合の対処法

カマグラを飲んで早漏になったと感じる人がいるかもしれません。
しかし実際にはカマグラが早漏の直接的な原因となるわけではなく、前立腺肥大や頻尿症を患った場合にEDや早漏となる例が多く見られます。
その他にも肉体的・精神的な問題により早漏となる場合があります。
日本人男性のおよそ6割は包茎であるとされています。
包茎の状態ではペニスが日常的に刺激を受けないため、性行為の際の刺激に耐えられず射精してしまうことがあります。

オナニーはパートナーの存在を気にすることなく行なうことができます。
そのため性行為を行なう場合と比較して射精までの時間が早くなりがちです。
オナニーを行なう場合には、早漏体質にならないように気をつける必要があります。
ストレスや性行為に対するトラウマなど精神的な問題も早漏の原因の1つです。
精神的な問題を取り除くことが、早漏の改善には必要になります。
カマグラには有効成分としてダポキセチンが含まれるタイプがあり、早漏対策として有効です。

バイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラには、様々な種類があります。
ペニスを勃起させる効果のあるシルデナフィルだけでなく、早漏改善に効果のあるダポキセチンが含まれるタイプも存在します。
このタイプのカマグラはシルデナフィルが100mg、ダポキセチンが60mg含まれています。1錠あたりの価格は約490円です。
ED患者の約25%は早漏を患っているとされます。
ダポキセチンを含むタイプのカマグラを使用すれば、ペニスを勃起させるだけでなく射精までの時間が長くなります。

ED患者の多くには射精までの時間が短いという問題が存在します。
カマグラにはシルデナフィルに加えてダポキセチンを含むタイプもあります。
このタイプのカマグラを使用すれば、ペニスを勃起させ射精までの時間を延長できます。